メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  2008年  >  '08 Deavolo MC ClubRun to 石見銀山

'09 Deavolo MC ClubRun to 石見銀山

8月24日、恒例のDeavoloMCクラブランとして石見銀山まで走ることになりました。

朝8時30分に可部のポパイ集合です。
でもなんだか雲行きが怪しい・・・。誰だ?雨男は!?

今回は遅れずに到着、やる気充分!でも雨雲を一緒に連れてきたK氏。

あれこれとしゃべってメンバーの到着を待ち、出発時刻の9時を軽く過ぎたぐらいで出発です。

本当はあと1〜2台来る予定だったのですが、集合場所の「ポパイ」を「ポプラ」と勘違いされた方がいらっしゃったようで・・w

教訓:集合場所は何度も確認いたしましょう

さっ、出発。気温も涼しいくらいで気持ちよく、スイスイと走り「道の駅舞ロードIC千代田」で休憩。するとKさんがつぶやきました。

「ついに来たな、ヤツが。」

・・・ただの雨です(笑)でも結構大降りだぁ((((( ̄∀ ̄;)ヤレヤレ

あまりの大降りにみんなあきらめムード。
メンバーの携帯に友人から着信があり、山口の周防大島はめちゃくちゃ晴れてると。夏だと。夏まっさかりだと。

「引き返して大島いくかっ」
そんな声も出てきますw

しばらくして小降りになったものの雨はまだ降っています。今ならまだ引き返せるかも!

でも自分達には石見コースを変更出来ない理由があったのでした。

DeavoloMCのいじめられっ・・切り込み隊長、I君と途中で合流する予定となっていたのです。この日仕事だった彼は世羅から駆けつけて途中参加することになっていました。I君と連絡を取ろうとしますがなかなか繋がりません。何度か走って休憩をしてを繰り返し、ようやく電話が。

「覆面に捕まりました」

チ〜ン…。

どうやら高速で方向指示器非表示で覆面パトカーに止められた模様。

さっ、I君はあきらめて石見へ向けて出発です(爆)

まぁ途中で無事合流しましたけどね(^_^;)

小雨にやられながらも走るメンバー。

その後は雨も止み、車通りの少ない山道を順調に走り、石見銀山の管理センターに到着です。
石見銀山と一言でいっても世界遺産に指定された範囲はものすごく広いので管理センターからバスで移動しなければなりません。銀山の洞窟まではバスを降りてから40〜50分は歩かなければいけないとの事。泣く泣くあきらめて管理センター内の模型で我慢しました。

他の観光客に混じり、センター職員さんの説明を真剣に聞く黒い人達。

もう飽きたらしい黒い人達w

Sくんの車にいちゃもんをつける2人。

ここで夕方から用事のあるTちんとMBちゃんは一足早く帰路へ。入れ替わりでリーダーがやって来ました。

空も晴れ間がのぞいてます。せっかくなんで三瓶山まで足を伸ばします。

石見から三瓶山まではさほど遠くなく、ワインディングロードを気持ちよく飛ばします。そして程なく‘西の原’に到着♪しかしここからがサプライズの連続なのでした…(∩ ゚д゚)

ギャ〜ッ

今回は(今回も)ツイてないI君。
三瓶山へ到着してからリーダーの熱血メンテナンス指導が入ります!
なんせハーレー乗ってんのに全くといってもいいほどメンテしてないんですもの。
クラッチレバーのブラケットが折れてたり、バッテリーは耕運機のを流用してたり…。だが今回のはそんなもんじゃありませんでした。

リーダーに教わりながら「初めてのクラッチ分解」。
ひとりで出来るかな?

できねーよ

クラッチを固定してるボルトの1本がぶらんぶらんしとりました。
まぁよくこんな状態で走ってきたもんです( ̄― ̄;いつバラバラになってもおかしくない感じ。

アフォかと。

結局その場にある工具だけでは直せないので試行錯誤してボルトが抜けないように固定、なんとか走れる状態にしました。

そうこうしてる間にだいぶ日も落ちてきました。みんな昼飯を食べてないので三瓶山を下ってランチへレッツゴー!!

あれ?何してるのI君??

レストランへ向かう途中寄ったガソスタ付近でI君のキックペダルもげるw

普通キックペダルなんかもげんじゃろ〜!?信じられません。まさにサプライズ!(ノT-T)ノ

たまたまメンバーTさんのバイクに唯一キックとセルの両方が付いていたのでペダルを借りて取り付けます。これでなんとかエンジンはかけられます。

やれやれ。

 

ペダルを取られたTさんのバイクの方が壊れた感じになってます。あらあら。

そしてようやく昼飯(夕方ですがw)。みんな寒かったのかラーメンを食べてました。

I君は疲れと精神的ショックからかちゃんぽんめんとカレーをダブルで注文するという離れ業に(爆)

疲れきったI君。(ちゃんぽん&カレー到着前)


体が暖まったところで皆さんに迷惑をかけたとI君からアイスコーヒーのプレゼントが。

せっかく暖まった体をいい感じに冷やしてくれました。
 

さぁ、真っ暗にならないうちに帰ります!

世羅に帰るI君とは三次付近でサヨナラです。今回もいろいろやってくれました。

ってか無事帰れるんか?

だいぶ暗くなってきました。

途中道の駅やコンビニで何度か休憩。かなり寒くなってきました。でもまだホットコーヒーなんか売ってません、夏ですからw

するとリーダーがカップのコーヒーを買い、コンビニでお湯を入れて飲み始めました。2杯セットだったらしく、もう1杯は山道を甘く見て半袖Tシャツしか着てこなかったS君へ。リーダーからのほどこしですwよかったね、S君。今度からは長袖持ってこよーね。

山道を下って行くにつれ気温が上がるのを感じながら広島市内へ戻ります。そしてそれぞれ流れ解散となりました。

今回は雨やらサプライズやらに振り回されたツーリングでしたが、まぁケガ人が出なかったから良しって事で。みなさん、定期メンテナンスはやっときましょうね♪

<写真&レポート:YUKI(♂)>

前
'08 テレカミーティングin蛇喰
カテゴリートップ
2008年
次
'08 ClubRun&Camp − 山口県秋吉台〜島根県益田市− PART.1

Copyright 2007-2010 DeavoloMC Allright reseved.